ヘアケアの最上級♪天使の輪の作り方♪

ご質問やお問い合わせはこちらからどうぞ♪
LINEアカウント @anfye

アンフィフォープルコ公式LINE
吉田太紀公式Twitter
吉田太紀公式フェイスブックページ
吉田太紀公式インスタグラム
吉田太紀作成キュレーション「忙しい朝に5分でデキる時短美容法
こんにちはー♪

ヘアケア美容師ことAnFye for prco(アンフィフォープルコ)の吉田太紀です★

img_1613.jpeg

この季節、乾燥でパサパサになったりダメージが気になる方も少なくないと思います。

なので、今回は「髪綺麗だね」と必ず言われる「天使の輪」の作り方をご紹介したいと思います。

ご自宅で毎日続けると効果が出るので、是非試して下さい。

   
 
1、お風呂前は「ブラッシング」
髪の毛は外気に触れるため、気づかないうちに目に見えない埃がたくさんついています。

髪を流す前に埃を浮かせて流しましょう。

2、お湯でしっかり流す。
トリートメントよりシャンプーが大事 と美容院で言われた方も多いとは思いますが、それよりも大事なのがシャンプー前のウェット。

1で浮かせた埃をしっかり流せないとシャンプーの泡立ちが悪くなり汚れが溜まる原因になります。

3、シャンプーは流しが命!
シャンプー自体は爪を立てず、髪の多い耳後ろからしっかり洗います。

そしたら、ここからが本番!!

シャンプーを流します。この時、シャワーなら3分が適正な流し具合です。

流しが甘いとフケ、かゆみ、頭皮の炎症の原因にもなるので気をつけて下さい。

4、トリートメントは最低5分最高5分
トリートメントは、5分置くと手触りも艶も格段に良くなります。

ただし、5分以上時間を置いてもあまり効果ありません。

5、ドライヤー前は「ヘアオイル」
アウトバストリートメント(流さないトリートメント)は大きく分けて、クリームタイプとオイルタイプに分かれますが、今回は「天使の輪」を作るためなので「ヘアオイル」をオススメします。

6、最後もブラッシング
はじめにもしたブラッシング。乾かした後の締めもブラッシングで終わって下さい。

天使の輪の作り方はブラッシングに始まり、ブラッシングで終わります。

img_0544.jpeg

いかかでしたでしょうか?
お家で試してみて下さいね。
続けるとなお良いですが、一回でもいつもと違いが分かるはずです。
じゃあ、今日はここまで♪
また、明日☆

コメントを残す