「パーマの失敗」チリチリになった髪の改善。




AnFye for prco LINE@

友だち追加

吉田太紀 LINE@

友だち追加

AnFye for prcoは「新しい仲間」を探してます。
https://yoshidataiki.com/2016/05/18/recruit/

こんにちはー♪

ヘアケア美容師ことAnFye for prco(アンフィフォープルコ)の吉田太紀です♪
https://yoshidataiki.com/2016/05/15/profile/

『1000人をツヤ髪にヘアケア美容師の挑戦』




今日は、ちょっとだけ怒ってます。。

口調が少し、ワルくなったらごめんなさい。

先日のお客様。

毛先、わかりますか?

「チリチリ」なんです。

[speech_bubble type=”ln” subtype=”L1″ icon=”yoshida.jpg” name=”吉田太紀”]この状態はいつからなんですか?? [/speech_bubble] [speech_bubble type=”ln” subtype=”R1″ icon=”01.jpg” name=”お客様”]ついさっき、美容院でパーマをかけたら、こうなりました。。 [/speech_bubble]

目を真っ赤にして、鼻をすすりながら言いました。

続けて、担当の方は自信家らしく「こうした方がカワイイ」とか「こうすれば、良くなるよ」って、いつも提案してくれて、「必ずカワイくなるからまかせて!!」っていつも言ってくれるらしく、とても信頼してその美容院に通っていたそうです。

今回も、いつものように「絶対パーマかけたらカワイくなるよ」と言われて、おまかせしたそうです。

だけど、初めてパーマをかけてもらって、仕上がりで異変を感じます。

そりゃ、そうです。

だって、

コレだもん。

お客様から見たって、コレはわかるでしょ。。

でも、「失敗しました。すいません!お直しさせて頂いてよろしいですか?」の言葉はなく、
色んな、スタイリング剤やトリートメントやらをつけて「カールアイロン巻きやすくなったねっw」と言われたそうです。

でも、その場では何も言えず自宅に帰ってから、すぐスタイリング剤を流して自分でどうにかしようとしたらしいのですが。

出来ないですよね。

美容師でもどうにか出来る人少ないですもん。

完全な「ビビリ毛」ですもん。

別にね、この状態にしたコトを怒ってるワケじゃないんです。

だって、「ヘアケア」の知識や経験がない美容師さんならこういう髪になる場合もあります。

そのための「駆け込み寺」が、AnFye for prcoみたいな「ヘアケアサロン」なので。

そして、「断言するカウンセリング」

「絶対、カワイくする」とか「こうした方が必ずカワイくなるよ」って言う言い切るカウンセリングも良いと思います。

僕も「言い切るカウンセリング」をしますし。

ただね、「言い切るカウンセリング」をするなら、その後の「責任」もとらないと。

だって、「パーマした方が絶対いいよ」って言い切った上で、髪の毛をチリチリの「ビビリ毛」にする「大失敗」をしておきながら、「カールアイロンで巻きやすくなったね☆」って、
意味が分からないでしょ。

だって、コレは「カウンセリングの手法」とかじゃなくて、ただの「嘘」だからね。

「カウンセリング」は相手の意図を汲み取って自分を信用してもらい、「感動する仕上がり」を作るためのモノであって、相手を「騙す」ためのものじゃないんですよ。

僕は、「美容業界を良くしたい!!」とか、そんな壮大なコトは思っていないです。

もっと考え方はシンプルで、担当させて頂いた方を「感動するくらい可愛くする」だけでいいと思ってるんです。

自分の力量をわきまえた上で、「出来るコト」の中でお客様を「感動」させてほしいです。

昔の風潮で「出来ないは言わない」じゃなくて、時には「出来ない」と言うコトも必要ですよ。

失敗されてしまった後、ネットで検索したら、僕のブログを見つけてくれて来店してくれた、このお客様に僕の「出来るコト」で感動させたいと思います。

先ずはとにかく、このパーマをとります。

流して、「ジュエリーシステム(アジェント)」をします。

その後、「パーマ落とし」

ギリギリを攻めていきます。

もう、コレはビビリ毛には「一回」しか出来ないですから。

モチロン、「必ず綺麗にします!!」と言い切りのカウンセリングでお客様に少しでも安心して頂きます。

放置時間はほぼ、無し!

すぐに薬剤を流してから、「ドライ」

ダッカールで分けたら、

テンションは、あまりかけず。

「ツインブラシ」でブロー。

繊細にやさしく。

そして、吉田の手は「クリームパン」のようです。

吉田名物「クリームパンブロー」

ドライが終われば、「ストレートアイロン」

温度は、130〜160度で「ワンスルー」

全体に入れ終わったら、「2剤塗布」

10分放置からの流し。

その後、「ジュエリーシステム(アジェント)」の続き。

流して、「ドライ」

今回は、毛先の負担から「よわーーいブロー」で仕上げ。

まとまりは出てくれました。

毛先も、「チリチリ」はなくなり真っ直ぐに。

「吉田持ち」をしても、毛先に十分なツヤ。

まだ、完全ではないものの。

とりあえず、「綺麗な髪」になりました。

[twentytwenty]

[/twentytwenty]

チョット、これからは「継続したヘアケア」が必要ですが、とりあえずひと段落。

パーマをかける前よりも綺麗な髪にさせて頂きますね♪




35人目 / 残り965人

関連記事

https://yoshidataiki.com/2016/11/16/blog-396/

https://yoshidataiki.com/2016/10/09/blog-315/

https://yoshidataiki.com/2016/09/28/blog-292/

吉田太紀公式Twitter

吉田太紀公式フェイスブックページ

吉田太紀公式インスタグラム

AnFye for prco 公式ネットショップ

コメントを残す