簡単に髪は綺麗になりますよ!

ご質問やお問い合わせはこちらからどうぞ♪
LINEアカウント    @anfye

アンフィフォープルコ公式LINE
吉田太紀公式Twitter
吉田太紀公式フェイスブックページ
吉田太紀公式インスタグラム
「明日から真似したくなるヘアアレンジ」
こんにちはー♪

AnFye for prco(アンフィフォープルコ)の吉田太紀です★

  

今日は、髪のダメージの悩みを抱えてる方へ少し書きたいと思います。
AnFye for prcoには、ダメージで悩んでる方が多くいらっしゃいますが。
皆さん言うのは「美容室帰りはいいけど」ですね。
確かに、サロンのクオリティーをお家で再現するのは、中々難しいです。
ですが、とりあえずコレだけやってれば、いつもより確実に綺麗になるよって言うホームケアの仕方をご紹介します。

  

(1)ヘアオイルを使うこと。
流さないトリートメント(アウトバストリートメント)って色んなタイプのものがありますよね。

だけど、使い方を間違えればベトベトになったり効果が無かったりします。
なので、今回は「ヘアオイル」に限定して説明します。
なんでかって?
「効果の実感が一番あるから」
元々、ダメージが少ない方などはヘアオイル以外の選択権もありますが、まずは本当にダメージが気になってる方へ向けてですね。
トリートメントは色んな成分が入ってるものですが、

単純に言うと「膜をはるもの」です。
髪の毛を外部からの刺激から守るものです。
だから、つけすぎちゃえば重たくなるし、足りなければ変わらない。
これだけなんです。

  
それを踏まえて次は、

(2)ヘアオイルの使い方
これには、ご自分の状態に合わせて使いましょう。
(猫っ毛、髪の毛が細い方)

このタイプの方の使い方は、シャンプーをしてドライ後に適量を気になるところにつけてブラッシングしてください。

このタイプの方が濡れた状態につけたりするとベトっとしやすくなってしまいます。
(直毛、髪が太い、硬い方)

このタイプの方は、ドライ前ドライ後につけてからブラッシングですね。
どうしても、毛量が多い方たちなので足りなくなる事が多いんです。

なので、ドライ後にまだパサつきが気になれば、少量気になるところにへつけてブラシで馴染ませて下さい。
(3)番外編
(1)(2)をやっても気になる方は、

ブラッシングの後に「低音アイロン」やってみましょう。

  
温度は120℃前後で。

いかがでしょうか?
ご自宅でもホームケア試してみて下さい。

コメントを残す