結局「ヘアケア」も「似合わせ」だと思う。

ご質問やお問い合わせはこちらからどうぞ♪
LINEアカウント @anfye

アンフィフォープルコ公式LINE
吉田太紀公式Twitter
吉田太紀公式フェイスブックページ
吉田太紀公式インスタグラム
吉田太紀作成キュレーション「忙しい朝に5分でデキる時短美容法
こんにちはー♪

ヘアケア美容師ことAnFye for prco(アンフィフォープルコ)の吉田太紀です★

img_1677.jpeg

AnFye for prcoは、ヘアケアを得意としてるサロンです。
キッカケは、僕のお客さんにカラーとパーマとか縮毛矯正とカラーみたいな「同時施術」の方が多かったんですよね。
初めて入ったサロンは、スタイリストデビューが早かったので、僕も若い頃からお客さんを担当してたんですが、

通ってくれてたお客さんも、当時は同年代かそれより下の世代。
僕が20歳くらい(ちなみに早生まれなので21歳と同い年の時)だったから、みんな「若い」
そうなったら、やっぱり夏はブリーチ、冬は暗くして縮毛矯正した髪にパーマするみたいな感じ。
中々のダメージ毛になりますよね。

  
だから、そういう悩みを解決したいと思って、勉強を始めたんです。
そこで、

思ったのが「トリートメントだけじゃ足りない」
だって、内部に栄養入れたって「蓋」をするものが脆弱だったら効果が出ない。
だったら、「蓋」をしっかりすればいいじゃん。
それで、出来たのが「ジュエリーシステム」
これが、思った通り髪質が変わったかのようになる!!

  
でも、ここで問題が発生します。

ボリュームを抑えようとするために、仕上がりがペタっとするですよ。
困りました。

そこから、また勉強の日々。
どうしたら、思い通りになるんだろう。
重たさの調整。油分の配分。などなど

そして、ようやく一年後に出来たのが「LULU」

僕はコレを「オーダーメイドトリートメント」と呼んでるんですが。

ケミカルを勉強しても、答えが出なかったんです。
だから、撮影とかスタイリングに力を入れるようになって、気づいたんです。

   
 「似合わせ」だって!!

ヘアデザインを作る時って、頭の形、肌の色、お顔を見てここにボリュームをつけて、ここはまとめるって決めながら作るんですが。

コレって、ヘアケアもじゃん!って思ったんですよね。

だから、「LULU」はその人の骨格、お顔に合わせて、中間の毛は軽め、毛先は重ためとかトリートメントで「スタイリング」しちゃうんです。
だから、「オーダーメイド」

  

今は、AnFye for prcoの三種の神器の一つとして役立ってくれてます。

コメントを残す