パニック障害ってなったコトない人の方が少ないじゃない。






AnFye for prco LINEアカウント

ID anfye

吉田太紀 LINEアカウント

ID 19870305taiki

吉田太紀公式Twitter

吉田太紀公式フェイスブックページ

吉田太紀公式インスタグラム

AnFye for prco公式ネットショップ





こんにちはー♪

ヘアケア美容師ことAnFye for prco(アンフィフォープルコ)の吉田太紀です♪

なんか、皆さん「パニック障害」のコト書いてたので便乗しようかなと。

僕が、パニック障害になったのは初めて勤めた美容室を辞めた時。

なんか、その時期(22か23歳)くらいだったかな?

自分の人生にこんなコト起きるんだって思うようなコトが起きまして。

なんか、いつ死ぬか分からないんだなって思って元々真面目でもないのに「生真面目」を気取ったり、「独立」とかも本気で意識するようになったんです。

デモ、「考える」って言うよりは「悩む」に近かったかもしれません。

この時、「生真面目」気取ってたのでビジネス書なんかを1日に2、3冊読み漁ったりしてたんですが、その中に「最悪を想定して」フレーズがあったんです。

それが、ずっとアタマに残っていて常に「最悪の状態」を想像するようになったんです。

そういうのが、マイナス思考を作り知らず知らずに「ストレス」になってたんですかね。

それから「退社の話」を店長にした時、あんまり円満には辞めれなかったんですよね。

別にそのお店がイヤだとかではなくて、夢だった都内で独立するために。

都内のお店で働きたい。
最初のお店は横浜だったので。

退社をさせてもらえなくて、それでも何回も言いにいく生活をしていたら。

「めまい、動悸、頭痛」って言う典型的なパターンです。

病院行っても正常。

心療内科を紹介されましたが、その当時は自分がパニックになるなんて信じたくなくて、行きませんでした。

マァ、その件でそのお店は退社して1ヶ月後に都内のお店で働くコトになったんですが。

それからは狭い所が苦手になったり、若干の症状はありましたが、大きな発作的なものは起きなくなりした。

今では、完全になくなりました。

僕の場合、「忙しくて考える暇がなくなった」のが良い方向に行ったのかなと。

やっぱり、「考えすぎ」が一番ダメなんですよね。

思い立ったらスグ行動する。失敗したらそれ以外の方法を試してみる。

そしたら、考えたり悩んだりしているヒマなんてないですから。

その方法が、ビジネスでは正しくないかもしれないけど、身体にはいいみたいですw

コメントを残す