「外はねボブ」のオーダーが。。




AnFye for prco LINE@

友だち追加

吉田太紀 LINE@

友だち追加

AnFye for prcoは「新しい仲間」を探してます。
https://yoshidataiki.com/2016/05/18/recruit/

こんにちはー♪

ヘアケア美容師ことAnFye for prco(アンフィフォープルコ)の吉田太紀です♪
https://yoshidataiki.com/2016/05/15/profile/

『1000人をツヤ髪にヘアケア美容師の挑戦』




ナゼか、最近「外はねボブ」のオーダーが連発してます。

吉田は「外はねボブ」なんてあんまり打ち出してないんですが、個人的には好きなスタイル。

イロイロ考えながら切ります。。

切り方は一緒

「外はねボブ」って基本的には「ワンレングス」なんですよね。

一番上の毛が、長すぎたら「内に入りやすく」なっちゃうし、逆に短いと「スタイリングした時に「外はね」のバランスがワルくなっちゃうので、あくまで「真っ直ぐの切りっぱなし」にします。

スタイリングの種類

「外はねボブ」って言っても、種類はいくつかあります。

これは、「毛先だけはねさせた状態」

ポイントは「ハチ」と「トップ」のボリュームをツブす。

このスタイルも可愛んですが、吉田の性格上どうしても「ちょい足し」をしたくなってしまいます。

だから、「外はねにしたいけど、おまかせします」って方に「ちょい足し」してスタイリング。

わかります?ww

若干ね、じゃっかん「中間を内」に入れてから「毛先を外」にしたんです。

わからないでしょ?ww

チョット、「アタマのカタチ」がキレイに見えるんですよね。

チョットした、「こだわり」ってヤツです。

ツヤは必須

もちろん!「外はね」ですから、毛先がパサパサではカッコがつきません。

今回は、カラーもしているので「ジュエリーシステム」も一緒にやって「ツヤ髪」にしています。

「ジュエリーシステム」は単品では出来ませんから。

個人的には、「ブルー」とか「バイオレット」のカラーだと雰囲気が出るのでオススメです。

まとめ

何にでも、「こだわり」を足してしまいますが「あるモノを真似る」よりも「真似た上でオリジナルよりもクオリティが高いモノ」にしないと意味がないですよね。

じゃないと、「成長」しないですから。

吉田の持論は「マネからしかオリジナルは作れない」です。

と、まぁこんなコトを書きながら、吉田はというと、、

パツキン中ですww

今日はここまで!!

また、明日!!




『1000人をツヤ髪にヘアケア美容師の挑戦』

54人目 / 残り946人

やっと『54人突破』しました!!
まだまだ、先は長いーー。。

新しく更新しました。

《綺麗めアップスタイル》

AnFye for prcoは新店舗に向けて、
「新しい仲間」を探してます。
https://yoshidataiki.com/2016/05/18/recruit/

twitterもやっているので、フォローよろしくお願いします。
吉田太紀公式Twitter

個人のFacebookページもやっています。
吉田太紀公式フェイスブックページ

Instagramは只今、フォロワー「2万6千人」突破しました。
吉田太紀公式インスタグラム

AnFye for prcoで売っている「美容専売品」はこちらからもご購入可能です。
AnFye for prco 公式ネットショップ

AnFye for prco YouTube
YouTubeにも「ヘアに関する動画」を定期的に配信中です。
よろしければ、チャンネル登録お願いします。

コメントを残す