お客様の「満足度」

AnFye for prco LINEアカウント    

ID anfye

吉田太紀 LINEアカウント

ID 19870305taiki

吉田太紀公式Twitter

吉田太紀公式フェイスブックページ

吉田太紀公式インスタグラム

こんにちはー♪

ヘアケア美容師ことAnFye for prco(アンフィフォープルコ)の吉田太紀です★

こないだ、スタッフと話をしていて
「お客様のご希望に答えて満足させる」って言う言葉にひっかかったんですよね。

「お客様のご希望に答えて満足させる」って言葉的にはいい感じに聞こえるんですけど。

それって、言い方を変えたらお客様の想像の範疇を超えないってコトです。

本当に美容師としてプロとしてやるなら、
「お客様に感動を与える」コトにチカラを注がなきゃいけないと思ってるんです。

例えば、お客様がヘアカタログを持って来てこれにしたいって言って来た時に、そのスタイルにより忠実にするように努力するより、
そのスタイルのどこが良いのかをお互い共有して、お客様のお顔や洋服に合わせてご提案する方がお客様にとって「唯一の美容師」になれると思うんです。

コレだけ美容室があって美容師がいる中で技術に関して差なんて大したないんですよ。
その微々たる違いをお客様が分かるのか?

「お客様のご希望通りにする美容師」

それよりもお客様が想像出来なかった、ご自分の「可愛い」「綺麗」をより引き出してくれる美容師の方が良いですよね。

「言われた通りにする美容師」→「特別になれない」
「言われたコト+10にする美容師」→「特別になれる」と考えています。

自分の考えを出すのは勇気がいるコトかもしれませんが、担当したお客様のヘアスタイルに「責任を持つ美容師」を目指して欲しいです。

コメントを残す