ホットペッパーのプラン下げました。






AnFye for prco LINEアカウント    

ID anfye

吉田太紀 LINEアカウント

ID 19870305taiki

吉田太紀公式Twitter

吉田太紀公式フェイスブックページ

吉田太紀公式インスタグラム

AnFye for prco公式ネットショップ





こんにちはー♪

ヘアケア美容師ことAnFye for prco(アンフィフォープルコ)の吉田太紀です♪

今回は、完全に経営側の方向けの記事です。

お店をオープンして3年目。
オープン当初の勢いで行くではなくて、
より、お店を大きくする為の仕掛けを動かしていかなきゃなと。

そこで、先ず決断したのが、
「次の契約から、ホットペッパーのプランを下げます。」

内心不安でドキドキですが、一応考えに考えて決めました。

AnFye for prcoをオープンした時、
面貸し時代が長く、一つのお店に留まっている事がなかったので顧客のお客様が少なかったんです。

その頃は、SNSなんてやってないも同然だったので、オープンしてスグホットペッパーを契約しました。

今はありがたい事にSNSからのお客様が増えてきたので、ちょうどタイミングかなと。

「ホットペッパーを辞めるつもりはない」

プランは下げますが、辞めるつもりはないんですよね。
単純にポータルサイトでは一番なワケで僕だけならまだしも、スタッフもいるワケですから辞めるメリットはあまり浮かびません。

「スタイルで呼びたい」

「スタイルランキング」の上位を狙えればある程度、お客様にご来店頂けるってコトが分かってきました。

色々試行錯誤しながらやっていたら、ヘアセットの明治神宮前・原宿エリアでは1ページ目に5、6スタイル乗載るようになったので、そろそろかなと。

「広告費との兼ね合い」

ホットペッパーのプランで現在お店にご来店頂いている新規のお客様は45〜65名ほど、
その内、SNSを見てからホットペッパーでご予約頂く方が20〜30名。スタイルを見てのご予約が15〜25名なので、現在のプランでトントンの広告費を払うか、新規のお客様が10名程減ってもプランを下げた方がプラスが出来るなと。

まぁ、そんなに上手く行くかなと思いますが、50万もする広告費で何もしないで呼べるお客様が10名前後はどうも釣り合わないです。

どうしても、気持ちの中でコレだけ払ってるのにって思ってしまいますから、ホットペッパーの担当に相談してもブログ、スタイルの更新、割引と言われますから。

なら、プランを下げて半分の広告費になっても10名程減るでもいいんじゃないかなと考えました。

結局、経営だなんだって勉強してきましたが、
僕のお店の様な小さいお店は、もっとシンプルでいいのかなと。

「かわいいヘアスタイルを作って、より多くの人に見てもらう」

これ以外にお店を大きくしていく手段はないんだなと。

低価格やホスピタリティなどの手段は、その前提があってだと思うので。

コメントを残す