ブリーチしたら本当に傷むの?





AnFye for prco LINE@

友だち追加

吉田太紀 LINE@

友だち追加





こんにちはー♪

ヘアケア美容師ことAnFye for prco(アンフィフォープルコ)の吉田太紀です♪
https://yoshidataiki.com/2016/05/15/profile/

『1000人をツヤ髪にヘアケア美容師の挑戦』

今回のお客様は、Instagramを見てご来店頂いた方です。

結構、多毛な方なので前の美容院でかなり段をいれたようです。
ただ、このままだとまとまりが悪いので今回は上の毛は伸ばします。
カラーはくすみ感のある「グラデーション」にします。

ヘアケア記事あるある。

「ブリーチ絶対ダメ」みたいのあるんですが、
僕は、「ヘアケア」と「デザイン」の両立を考えているので普通にブリーチやります。

だって、ブリーチの一つも出来ないなら「ヘアケア」をやりたい人はカラーもパーマもせずに黒髪でそのままでいろってコトになります。

でも、それって美容師必要無くなっちゃいますから。

僕の仕事は、「デザインも楽しみつつ、傷みで取り返しつかない状態にしないコト」ですからブリーチくらいします。

そもそも、暗い髪からブリーチすれば手触りとか気になるかもしれませんが、カラーで一番明るい色とブリーチ一回のダメージってそんなに変わりますかね?

見た目、手ざわりはそんなに変わらない。

何回もブリーチしたら別ですけどね。


髪の毛がしっかりしている方だと、ブリーチ一回で赤みが抜けきらないくらい。

後は、「色味の濃いカラー」で赤みを抑えます。

ブリーチのカラーでダメージを強く出さない方法は、「継続」です。

たかがブリーチされどブリーチなワケですから、何回もやればダメージは蓄積してしまいます。

なので、僕がお客様に提案する時は一回ブリーチをしたら、定期的に希望のカラーを「濃く」入れる。

そうすれば、ブリーチを何回もせずに赤みも無くなっていきますし、ダメージも最小限ですみますから。

一度で全てやろうとムチャをするからダメージが気になるだけで、ちゃんと時間をかけていけばそんなひどい状態にはなりません。

見た目もキレイなままをキープ出来ます。

傷みがこわいからブリーチしないじゃなくて、ムチャをしないでデザインを楽しめばいいんじゃないでしょうか。

『1000人をツヤ髪にヘアケア美容師の挑戦』

6人目 / 残り994人

関連記事

《1人目》
https://yoshidataiki.com/2016/11/01/blog-369/
《2人目》
https://yoshidataiki.com/2016/11/02/blog-371/
《3人目》
https://yoshidataiki.com/2016/11/03/blog-373/

吉田太紀公式Twitter

吉田太紀公式フェイスブックページ

吉田太紀公式インスタグラム

AnFye for prco 公式ネットショップ

コメントを残す