キレイなカラーはキレイな髪から






AnFye for prco LINEアカウント    

ID anfye

吉田太紀 LINEアカウント

ID 19870305taiki

吉田太紀公式Twitter

吉田太紀公式フェイスブックページ

吉田太紀公式インスタグラム

AnFye for prco 公式ネットショップ





こんにちはー♪

ヘアケア美容師ことAnFye for prco(アンフィフォープルコ)の吉田太紀です♪
https://yoshidataiki.com/2016/05/15/profile/

『1000人をツヤ髪にヘアケア美容師の挑戦』

https://yoshidataiki.com/2016/10/29/blog-362/

https://yoshidataiki.com/2016/10/30/blog-365/

昨日1人目が終わったばかりだけど、

https://yoshidataiki.com/2016/11/01/blog-369/

さっそく、2人目。

今回の方もイロイロやってますよ。

先ず、2年前に縮毛矯正。
一年前にブリーチ。
そして半年前にパーマとフルメニューの髪です。

これ結構、お客様はかんちがいしてるんですが、1年前とか2年前にかけた施術は確実に今の髪質に影響してます。

だって、ひと月に1センチしか髪って伸びないワケですから、
一年で伸びるのは単純計算「12センチ」
個人差があると言っても誤差の範囲ですから大して変わりません。

だから、1年前や2年前にやった施術のダメージは蓄積した状態。

そこに施術をするんですから、そのダメージ分も計算に入れなきゃいけません。

今回のメニューは「カットカラートリートメント」

一番気になるのは、「前にパーマをかけた毛先」

ただ、成人式が3ヶ月後に迫っているワケですからそんなにバッサリ切れません。

とりあえず、毛先は整えて出来るだけまとまるようにします。

カラーはグレーっぽいアッシュです。

「アッシュ系」のカラーは大得意です。

でも、コンセプトにもしていますがキレイな髪じゃないと、せっかくのカラーも台無しです。

多分、これからこの記事では何回も言うコトになりそうですが、

「髪のダメージとキレイな髪は必ずしも比例しない」

だから、僕がたずさわるお客様には「キレイな髪」でいてほしいんです。

いくら、髪のダメージがなくても「バサバサで艶のない髪」にするなんて、プロとして出来ませんから。

AnFye for prcoをお帰りになる際は、その人史上一番キレイな状態にしたいんです。

最近は「再現性」って言葉もありますが、お客様が家に帰っても扱いやすい髪を作るのは当たり前ですが、AnFye for prcoから出る時はそれ以上の素敵なヘアスタイルでお帰り頂けなければ意味がないと思って施術しています。

お客様が、ご自分のスタイリングをひとつひとつ覚えれば、それ以上のモノをひとつひとつレベルを上げていきます。

そうやって、どんどんお客様がステキになっていって頂くコトが僕の仕事ですから。

ちょっと熱くなってしまいましたが、
完成はこんな感じ。

ビフォーと比べれば、かなり変わりました。


そして、最後は「吉田持ち」

このアッシュのキレイな色味も艶のあるキレイな髪があってこそです。

関連記事

https://yoshidataiki.com/2016/10/28/blog-360/

https://yoshidataiki.com/2016/10/29/blog-362/

https://yoshidataiki.com/2016/10/30/blog-365/

コメントを残す