縮毛矯正をする上で気をつけるコト






AnFye for prco LINE@

友だち追加

吉田太紀 LINE@

友だち追加

2016年 11月 27日 (日曜日) 20:00〜

「3周年記念 乾杯会」をします!
https://yoshidataiki.com/2016/11/10/blog-386/

こんにちはー♪

ヘアケア美容師ことAnFye for prco(アンフィフォープルコ)の吉田太紀です♪
https://yoshidataiki.com/2016/05/15/profile/

『1000人をツヤ髪にヘアケア美容師の挑戦』





なんと、ビフォーを撮っていないコトはお客様の髪を流してから気づいてしまったので。

髪が濡れた状態のビフォー

今回のお客様のメニューは「縮毛矯正+ジュエリーシステム」

AnFye for prcoのメニューの中、いや、全メニューの中で一番艶が出てキレイに見えるストレートスタイルです。

当然の事ながら、「髪は真っすぐになればなるだけ艶が出ます」

これは、「キューティクルがしっかり閉じる」から。

パーマなどカールスタイルだと、髪が曲がっているためキューティクルがしっかり閉じないんです。

だから、ストレートスタイルは一番キレイに見えるわけです。

ただ、ここで勘違いしてしまうと大変なのでハッキリ言います。

「縮毛矯正」は美容室のメニューの中でもトップクラスのダメージを与える技術。

なので、一度かけた部分には極力かけないコト。

これは、結構気をつけなければいけません。

たまに何回も毛先までかけたがる人がいらっしゃるのですが、だんだん艶でなくなっちゃいますからね。

モチロン、今回のお客様も伸びてきた根元部分だけで毛先はカットとジュエリーシステムで整えています。

今回は「吉田もち」も出来ました。

8人目 / 残り992人

関連記事

《1人目》
https://yoshidataiki.com/2016/11/01/blog-369/
《2人目》
https://yoshidataiki.com/2016/11/02/blog-371/
《3人目》
https://yoshidataiki.com/2016/11/03/blog-373/

吉田太紀公式Twitter

吉田太紀公式フェイスブックページ

吉田太紀公式インスタグラム

AnFye for prco 公式ネットショップ

コメントを残す