カラーのムラやパーマのかかりの悪さは「薬剤の付け方」






AnFye for prco LINE@

友だち追加

吉田太紀 LINE@

友だち追加

2016年 11月 27日 (日曜日) 20:00〜

「3周年記念 乾杯会」をします!
https://yoshidataiki.com/2016/11/10/blog-386/

こんにちはー♪

ヘアケア美容師ことAnFye for prco(アンフィフォープルコ)の吉田太紀です♪
https://yoshidataiki.com/2016/05/15/profile/

『1000人をツヤ髪にヘアケア美容師の挑戦』





今日で、
『1000人をツヤ髪にヘアケア美容師の挑戦』も
10人目です。

100/1ですw

道のりは長いですね。

早速、今回のお客様。

メニューは、「ブリーチオンカラー」

最近、ナゼかやたらに多いです。

ヘアケア推してるのに、、

AnFye for prcoでブリーチしたらチリチリにならないって安心感でしょうか。

ありがたいです。

[speech_bubble type=”ln” subtype=”L1″ icon=”yoshida.jpg” name=”吉田太紀”]今日はいかがなさましょうか?[/speech_bubble] [speech_bubble type=”ln” subtype=”R1″ icon=”yoshida.jpg” name=”お客様”]明るくしたいんですけど毛先のパサつきもどうにかしたいです。 [/speech_bubble] [speech_bubble type=”ln” subtype=”L1″ icon=”yoshida.jpg” name=”吉田太紀”]なるほど。ハイトーンにしてスグはパサつきにくいんですが、[/speech_bubble] [speech_bubble type=”ln” subtype=”L1″ icon=”yoshida.jpg” name=”吉田太紀”]時間が経つと退色でパサつきも出やすくなるので[/speech_bubble] [speech_bubble type=”ln” subtype=”L1″ icon=”yoshida.jpg” name=”吉田太紀”]毛先を少し厚めになるようにカットしましょう。[/speech_bubble] [speech_bubble type=”ln” subtype=”R1″ icon=”yoshida.jpg” name=”お客様”]それだけで大丈夫ですか?[/speech_bubble] [speech_bubble type=”ln” subtype=”L1″ icon=”yoshida.jpg” name=”吉田太紀”]ハイトーンにした後は、お家でのホームケアと退色しすぎないように定期的にカラーをした方がパサつきは抑えられますよ♪[/speech_bubble] [speech_bubble type=”ln” subtype=”R1″ icon=”yoshida.jpg” name=”お客様”]わかりました♪ 頑張りますっw[/speech_bubble]

そんなやりとりをしながら、施術していきます。

僕のヘアケアの基本は、とにかく「乾燥させない」ってところがメインになります。

どんな成分があるトリートメントでも結局「油分」でしょ?って思ってます。

だから、カラーする時もパーマする時ももちろんブリーチをする時も「ジュエリーシステム」をつけます。

かかりや色が入りにくくならないか?

ならないんですよ。

むしろ、染まりもかかりも抜群に良くなります。

結局、染まりが悪いのもかかりが悪いのも原因は「薬剤のつきが悪いから」なんですよね。

カラー1つにしたってドライ状態で塗った時、経験が浅い人がやるとムラが出来る。

でも、それはウェットの状態でも濡らしが甘かったり、乾くのが早い人だとムラができてしまいます。

だから、かかり悪い原因は「何かつけた」せいではなくて、単純に「薬剤の付け方」に問題があるコトが多いかなと。

そんな感じで、仕上がり

かなり、まとまりも出て明るく出来ました。

「吉田もち」もつやっつやなりますね。

関連記事

https://yoshidataiki.com/2016/11/16/blog-396/

https://yoshidataiki.com/2016/10/09/blog-315/

https://yoshidataiki.com/2016/09/28/blog-292/

吉田太紀公式Twitter

吉田太紀公式フェイスブックページ

吉田太紀公式インスタグラム

AnFye for prco 公式ネットショップ

コメントを残す