あと、2日で「新人が入ります」






AnFye for prco LINE@

友だち追加

吉田太紀 LINE@

友だち追加

AnFye for prcoは「新しい仲間」を探してます。
https://yoshidataiki.com/2016/05/18/recruit/

こんにちはー♪

ヘアケア美容師ことAnFye for prco(アンフィフォープルコ)の吉田太紀です♪
https://yoshidataiki.com/2016/05/15/profile/

『1000人をツヤ髪にヘアケア美容師の挑戦』





どうも、接客中以外「マスクとメガネ」が必須な花粉症の吉田です。

花粉症がすごすぎて、目をかきむしっていたら腫れるというサイアクのコンディションですが、ナントカやっていってます。

もう、4月まで「2日」ですね。

4月は新人スタッフも入って来るので、内心ドキドキしています。

AnFye for prcoに入る以上、生半可な育て方はせず、立派に「一人前」にしてやろうと思います。

そう、実はAnFye for prcoは今まで「新人」はとっていなかったんです。

4年目にして初めての「新人」

僕も、「新人時代」思い出しながらカリキュラムを作りました。

まぁ、僕たちが出来るのは「技術」「社会人として」「接客」くらいなもんですから、本人の「自主性」を高めるようにするには?っていうのを一番考えました。

楽しさを教える

モチロン、「オシゴト」ですから。

ナァナァや甘えがあるワケではありません。

じゃあ、「楽しい」ってなんだろう?

僕がずっと「美容が好きか?」と聞かれたら、多分、「NO」と言います。

「好きだった」んじゃなくて「好きになった」んですよね。

僕が「美容師」になるって決めたのは、高校3年生の夏明けだったと思います。

その前から「進路」については、担任と親と話していたんですが、その時は「進路」よりも、部活や遊びの方が大事だったので、担任に勧められた「福祉」でイイよって言っていました。

ぜんぜん、行く気は無かったんですがww

部活が終わり、少し「進路」を考える余裕が出来た時に同じ部活の友人に「美容学校に行こう」と誘われたのがキッカケでした。

今、思うと「働くまではふざけ倒そう」って決めていたのかもしれません。

美容学生時代も、「劣等生」ってやつでしたからw

いよいよ、「美容室」で働くことになり、
「遊ぶだけ遊んだから、あとは死にものぐるいで働こう」と決めていたので、とにかく働きました。

休日出勤もあたりまえ。

美容学生までは、多分「助走」だと思ってたんでしょうね。

働き過ぎて、「友人」ともかなり疎遠になりましたからw

なので、「下積み時代」が楽しかったかと言われれば、その当時は思わなかったかなと思います。

「楽しい」と感じるようになったのは、「スタイリスト」になってからだと思います。

不思議なもので、スタイリストになってからはずっと苦痛だった「下積み時代」も楽しかった思い出に変わったんですよね。

あの時、あんだけやったんだからって言うのは、今、お客様に入る時の「自信」に変わってますから。





センスや才能なんてない

もう、今の時点で新人の子が「練習」には来てまして、こないだ練習中に「やっぱりセンスですか?」と聞かれて、僕も若い頃は「センスだよね」って思っていたなーって思い出したんですが。

30歳の吉田は、今の時代「センス」や「才能」なんてないって思ってるんですよね。

いかに、「新しくても」「斬新でも」コレだけいろんなモノが飽和した時代なら、「真似」でしかないんですよね。

これ以上「新しいもの」って生まれるんでしょうか?

仮に「タイムマシン」が出来たとして、それって新しいものでしょうか?

実現出来なかっただけで、「誰かの案を真似」したものですよね。

だから、「センス」や「才能」があるんじゃなくて、「いかに効率よくイイものを取り入れられるか」それだけなんじゃないかなと。

特に、「美容師」って仕事は「自分が評価」するんじゃなくて「周りが評価」するものですから。

「時代にあってないもの」「良いとされないもの」は評価されないんです。

なので、「センス」や「才能」がないと嘆く前に、「いかに効率的に良いとさせるものを真似るか」を考えればいいんじゃないかなと。

そういうのを「感性を磨く」って言うからややこしいんですがww

やっぱり、「パクる」「真似る」はマイナスなイメージが強いですから。

美容にたずさわるモノとして、言葉も飾らないといけませんから。

本質的には同じコトで、それを若い頃だと理解出来ないんですよね。

まぁ、それを早い段階理解した方が「成功者」になるんですよね。

吉田ももう少し、アタマがよかったらと悔やむばかりですw





結局、考えるのも、行動するのも自分

僕らが教えられるのは、「シゴトに必要なコト」だけですから。

あとは、本人がどう感じ、どう動くか。

AnFye for prcoにとって強力な「仲間」になってくれるコトを願ってます。

AnFye for prcoは新店舗に向けて、
「新しい仲間」を探してます。
https://yoshidataiki.com/2016/05/18/recruit/

twitterもやっているので、フォローよろしくお願いします。
吉田太紀公式Twitter

個人のFacebookページもやっています。
吉田太紀公式フェイスブックページ

Instagramは只今、フォロワー「2万6千人」突破しました。
吉田太紀公式インスタグラム

AnFye for prcoで売っている「美容専売品」はこちらからもご購入可能です。
AnFye for prco 公式ネットショップ

AnFye for prco YouTube
YouTubeにも「ヘアに関する動画」を定期的に配信中です。
よろしければ、チャンネル登録お願いします。

コメントを残す