「アッシュ」などの「透明感のあるカラー」の中にも「種類がある」






AnFye for prco LINE@

友だち追加

吉田太紀 LINE@

友だち追加

AnFye for prcoは「新しい仲間」を探してます。
https://yoshidataiki.com/2016/05/18/recruit/

こんにちはー♪

ヘアケア美容師ことAnFye for prco(アンフィフォープルコ)の吉田太紀です♪
https://yoshidataiki.com/2016/05/15/profile/

『1000人をツヤ髪にヘアケア美容師の挑戦』





昨日のあったかさは、どこに行ったんでしょう。

めちゃくちゃサムイ上に雨まで降ってきました。

はやく、あたたかくなるコトを願うばかりです。

今回はね、「ヘアカラーのお話」を書こうかと思います。

去年に引き続き、「くすみ系」「透明感」のあるヘアカラーはやっぱり人気がありますね。

最近は、各メーカーがそういう「寒色系」が強く出るカラーをどんどん出している状態なのでまだまだ、人気は続きそうですね。

吉田も、一応カラーに関してはこだわりを持ってまして、色んなカラー剤を試してきました。

その中で、自分的にカラーをする上での「こだわり」や「ポイント」なんかを少しご紹介したいと思います。

寒色系と言っても「種類」はある。

お店のコンセプトやお客様によっても変わると思いますが、

先ず、「カッコいい系」の寒色から。

こういう、「パキッ」とした
いわゆる「カッコいい系」のヘアカラー。

こっち系のヘアカラーは、「学生」の方や髪の色が自由なお仕事をしている人かな??

「ブリーチ」を使用するので、比較的10台〜20台前半の方からのオーダーが多いですね。

また、コッチ系のヘアカラーをオーダーする方は「メッシュ」や「グラデーション」のような、「デザインカラー」もやっていかれる方も多いです。

メリットは、なんと言っても、この鮮やかな「色味」

「ウェット」にスタイリングしたりしても、また違った、「白っぽいキレイなヘアカラー」になります。

デメリットは、ブリーチをしているのと鮮やかな色味にするのに「ブラウン(茶色味)」を少なくしているので、「持ちが悪い」んです。

ご自宅でも、定期的に「カラートリートメント」なんかを使うと、色持ちをキープ出来ます。

次は、「やわらかさと上品さ」のある寒色。

僕は、AnFye for prcoのオリジナルメニュー「ジュエリーシステム」などで「艶」や「まとまり」のある髪を得意とする「ヘアケア美容師」を名乗ってますから。

こっちのヘアカラーを推しています。

このヘアカラーは、「ブリーチ」を使わずに「ダブルカラー」をすることで、「深く」「上品」な色味を作っています。

ブリーチを使わないので、「髪へのダメージ」も大幅に軽減されます。

お仕事をされていても、ブリーチをしていないので、ヘアカラーが明るすぎず、「上品さ」が際立つのでオフィスでも浮きません。

プラス、「白髪染め」でもこのヘアカラーは可能なので、大人の方にオススメです。

メリットは、なんと言ってもこの「艶」
コレだけキレイな髪なのに「深い色味の寒色系」のヘアカラーが作れます。

デメリットは、ハイトーン(かなり明るめ)のカラーにしたい方の場合、ブリーチをしないのでそこまで明るくは出来ないのでオススメしません。

こんな感じで、「年代」や「TPO」に合わせたヘアカラーのご提案もしています。

色味を「深く入れるポイント」

先ほど、軽く触れましたが「色味を深くいれたい」時は「ブラウン(茶色味)」を補色として調合します。

ヘアカラーのメーカーっていっぱいあるんですが、「元々、ブラウンが多く入っているカラー剤」は、こういうヘアカラーをする場合はあまり使いません。

「元々、ブラウンが多く入っているカラー剤」は、どうしても「赤味」が気になるんですよね。

なので、「ブラウンが少ないヘアカラー」を使い自分でブラウンのカラーを調合するコトで、「赤味」がでず「深い色味の寒色系」のヘアカラーが作れます。

これからも、まだまだ新しいカラー剤が出ると思うのでそういう部分も試しながら、よりキレイな「色味」を追求したいと思います。

ちなみに、ヘアカラーの色持ちで悩んでいる方の大半は「乾燥毛」です。

なので、ヘアカラーの持ちを上げたい方は、先ず「乾燥毛」をどうにかしないといけません。

もし、「乾燥毛」でお悩みの方はご相談頂ければ出来る限り、「改善の方法」をお教えさせていただきます。

お気軽にご連絡お待ちしております

関連記事

https://yoshidataiki.com/2016/11/16/blog-396/

https://yoshidataiki.com/2016/10/09/blog-315/

https://yoshidataiki.com/2016/09/28/blog-292/

吉田太紀公式Twitter

吉田太紀公式フェイスブックページ

吉田太紀公式インスタグラム

AnFye for prco 公式ネットショップ

コメントを残す