外国人風カラーの「巻き方」大公開!!






AnFye for prco LINE@

友だち追加

吉田太紀 LINE@

友だち追加

AnFye for prcoは「新しい仲間」を探してます。
https://yoshidataiki.com/2016/05/18/recruit/

こんにちはー♪

ヘアケア美容師ことAnFye for prco(アンフィフォープルコ)の吉田太紀です♪
https://yoshidataiki.com/2016/05/15/profile/

『1000人をツヤ髪にヘアケア美容師の挑戦』





ロングヘア、、

しっかりスタイリングすればかわいいけど、
「乾きにくい」「毛先のダメージが気になる」「ひっかかる」などなど、あつかいはタイヘンですよね。

今回は、そんな「ロングヘア」が少しでもあつかいやすくなるように、「カールアイロンの巻き方」をご紹介します。

「外国人風カラーって?」

そもそも、外国人風カラーってなんなんでしょうか?ってところから。

カンタンに言うと「透明感」のあるヘアカラーから生まれた「くすみ感のあるカラー」のコト。

こんなのとか。

4月発売の新しいヘアカラー 「アプリエ」のレビューを書きました☆ ・ ・ もし、良かったら見てみてください☆ https://yoshidataiki.com ・ ・ AnFye for prcoでは、新しい仲間を募集しています♪ スタイリスト、アイリスト、アシスタントなどなど一緒にAnFye for prcoを盛り上げてくれる方はご連絡お待ちしております☆ @anfyeforprco @chaloe1126 @elica.fujita @yuuriko_hairmake @yohei326 #美容院 #ヘアサロン #anfyeforprco #cute #外国人風 #beautiful #fashion #hair #アッシュ #ヘアアレンジ #ジュエリーシステム #LULU #素髪 #カット #カラー #パーマ #데일리룩 #스타일링 #일본 #发型#ヘアケア #トリートメント #艶髪 #吉田太紀

吉田 太紀/ヘアケア美容師/外国人風カラー/ヘアアレンジさん(@taiki.yoshida)がシェアした投稿 –

こんなのね。

こういうのもそうです。

代表的なのは「グレージュ」や「アッシュ」などの「寒色系」ですね。

最近は、「ワインレッド」の色味なんかもありますね。

ざっくり、言うと「ワンカラー」では出せない「色味」のカラーのことですね。

なので、「外国人風カラー」にはブリーチなどで色味を入れる前に「ベースの髪を明るくすることが必須」になります。

全体的にブリーチが、「ダメージ」などの関係でむずかしい方は「メッシュ」や「グラデーション」で部分的にブリーチすることでダメージをおさえるコトもあります。

今回、ご紹介する方も、根元から中間はブリーチしないで毛先だけブリーチをすることで、「グラデーションカラー」にしています。

ご覧の通り、グラデーションカラーの場合気をつけなければいけばいけないのは、上と下の髪の色の差をハッキリさせないといけません。

なので、必然的に「上の部分は暗く」なります。

そうすることで、毛先の「明るい部分」がより際立ってカラーがキレイに見えます。



ロングヘアの巻き方

今回は、「外国人風カラー」の巻き方をご紹介します。

「カールアイロンを使った巻き髪」って言っても、髪の色、髪の長さ、髪の形によってかなり変わってきます。

例えば、「外国人風カラー」のような「クール」とか「カッコいい」イメージの髪色に「フェミニン」な可愛らしい巻き方だと、「違和感」が出てしまいます。

なので、その都度「自分のヘアスタイル」にあった巻き方を覚えなければいけません。

と言ってもそんなむずかしいものではないので、気軽にためしてみてください。

ちょっと、文章だとわかりづらいので「動画」を作ってみたので、よろしければ見てみてください。

いかがでしょうか?

最初はややこしいかもしれませんが、この巻き方なら「ロング」はもちろん、「ボブ」や「ミディアム」のヘアスタイルにも使えるので、出来るようになっておいて損はないかと思います。

カールアイロンで巻く前に

カールアイロンは「高熱」を使う道具なので、ストレートアイロン同様、「髪にダメージの負担」をあたえます。

なので、出来るだけ「髪のダメージの負担」を軽減させるために、カールアイロンで巻く前には「流さないトリートメント」(アウトバストリートメント)を毛先中心につけて、しっかり馴染ませてから巻いてあげてください。

ここで使う「流さないトリートメント」(アウトバストリートメント)は「クリームタイプ」のものより「オイルタイプ」がオススメです。

「オイルタイプ」はけっこう、使う分量を間違えて「ギトギト」になるからヤダって人が多いんですが、「使う量」さえ間違わなければ「クリームタイプ」よりも「オイルタイプ」の方が保湿能力も高いのでオススメです。

「ギトギト」になっちゃう人は、
「ワンプッシュ」づつ、毛先から順に上へと伸ばして、「根元付近」にはつけないようにすると「ギトギト」せずにつけられます。



実践

説明はここまで。

あとは、ご自宅で試してみてください。

AnFye for prcoに通われていらっしゃる方は、レクチャーもさせていただきますのでお気軽にお申しつけください。

45人目 / 残り955人

AnFye for prcoは新店舗に向けて、
「新しい仲間」を探してます。
https://yoshidataiki.com/2016/05/18/recruit/

twitterもやっているので、フォローよろしくお願いします。
吉田太紀公式Twitter

個人のFacebookページもやっています。
吉田太紀公式フェイスブックページ

Instagramは只今、フォロワー「25K」突破しました。
吉田太紀公式インスタグラム

AnFye for prcoで売っている「美容専売品」はこちらからもご購入可能です。
AnFye for prco 公式ネットショップ

AnFye for prco YouTube
YouTubeにも「ヘアに関する動画」を定期的に配信中です。
よろしければ、チャンネル登録お願いします。

コメントを残す