ヘアケア続けてきた方の「本番」






AnFye for prco LINE@

友だち追加

吉田太紀 LINE@

友だち追加

AnFye for prcoは「新しい仲間」を探してます。
https://yoshidataiki.com/2016/05/18/recruit/

こんにちはー♪

ヘアケア美容師ことAnFye for prco(アンフィフォープルコ)の吉田太紀です♪
https://yoshidataiki.com/2016/05/15/profile/

『1000人をツヤ髪にヘアケア美容師の挑戦』





僕が「ヘアケア美容師」を名乗ってから、一番変わったコトは、
「結婚式前のお客様」が異常に増えたコト。

結婚が決まって、来年に結婚式がある。

それまでに髪を綺麗にしたい。

そんな方達がAnFye for prcoにはかなりいらっしゃいます。

今回の方もそんな方のひとり。

去年かおととしだったかな。

初来店して頂きました。

髪もね、伸ばしたいしせっかくなら綺麗に伸ばしたいとの事でご来店頂いたワケです。

ご本人の髪質はね、少し細くて撥水毛。

パーマやカラー、スタイリングはすごくしやすい髪なのですが、一方でダメージを受けやすくパサつきやすい髪。

使い方次第で、どちらにも転がりやすい「デリケート」な髪。

そんな髪を大事に大事にしてきて、結婚式本番前の最後の来店。

やる事はいつもと一緒。

常に最高の状態でお帰しして頂いてますから。

だけどやっぱりね、本番前は「気持ち」が違いますよね。

「気合い入れまくり」で施術させて頂きました。

新郎さんも、ご紹介で切らせて頂いているのでその2、3日前に「気合い入れまくりカット」させて頂きました。

いやー、でもホントに「最高に綺麗な髪の状態」で本番を迎える事が出来て良かった。

心から「おめでとうございます」

こう言う、人生のイベントに携われるシゴトを選んで良かったなと思います。

だけど、まだね「結婚式」が終わった後のスタイルチェンジがありますから。

イベントは一つじゃないんです。

いっぱいあるんです。

そのいっぱいあるイベントに携われるんです。

ステキな職業です。

タイムリーな事で言えば、昨日の「成人式」なんかもそうですよね。

今回、AnFye for prcoは成人式はせず通常営業していましたが、沢山の新成人の髪のメンテナンスをさせて頂きました。

そして、吉田の婚期は一体いつなんでしょうか?

妹にも先を越されていますからねw

そんな、結婚式を前にした方達の「ヘアケア」を軽く紹介します。

今回の方は元々、カラーはしていません。

なので、気になるのは「髪質」

さっきお伝えしたように
「細毛」「軟毛」「撥水毛」「癖毛」

はじめて、ご来店頂いた際に「方向性」を決めるのですが。

先ず、一番気になるのは「撥水毛」

保湿をしても、水分がすぐ抜けてしまうんです。

その原因の一つとして「細毛」があります。

「細毛」「軟毛」の方の髪はホントにデリケートで、「日常生活」だけでもダメージを受けてしまうんです。

特に、「ドライヤー」「ホコリ」「暖房、冷房」がねしんどい。

「紫外線」なんかもありますが、コレはそんなに大した事ない。

サーファーくらいw

外仕事の方も考えられますが、大体の方は「帽子」被ってますから。

海とかに頻繁に言ってて日焼けめっちゃしてる人以外は、そんなに「紫外線」は気にしない。

現代人なら、気にするのは「ドライヤー」や「暖房、冷房」

じゃあ、その為に何をするのか?

それは、「コーティング」

イヤがる人ならイヤがるかもしれませんが、そもそも髪質的に「保湿」出来ない方は、「保湿」出来る所を作ってあげなきゃいけませんから。

考え方的には、縮毛矯正やパーマと一緒。

ただ、そこに「ダメージ」がないだけ。

「くせ毛」の人がいくらシャンプーやトリートメント変えても「くせ毛」です。
ストレートヘアにするなら縮毛矯正をしなければいけません。

「直毛」の人がいくらシャンプーやトリートメント変えても「直毛」です。
カールヘアにしたいならパーマをしなければいけません。

ヘアケアも一緒。

乾燥毛の人がいくらシャンプーやトリートメント変えても「乾燥毛」です。
根本となる保湿出来るように「コーティング」しなければいけません。

コレは髪質だけのモンダイではなくて、「ダメージヘア」の人もそう。

髪の毛は「爪」と一緒で、ダメージで削れたりすれば、「皮膚のように」カサブタが出来て治るなんてコトはありません。

だって、治るなら髪や爪切った時に「血」が出るはずです。

想像もしたくありありませんが、髪切るたびに爪切るたびにめっちゃ痛い。。ww
なんてコトにはなりたくないですしねw

だから、ダメージを受けてしまえば外部からの「補助」が必要になるワケです。

ただね、「コーティング」って言ってもクルマじゃ無いですから。

人に「無害」なものを使うので、「時間」がかかります。
それに、剥がれやすい。

だから、「定期的」に施術しなければなりません。

これも、カラーやパーマと一緒ですね。

「持ち」が存在する。

だから、「ヘアケア」も他のメニューと同じ考え方でいいと思います。

カラーの「色抜けたなー」ってのと同じように、「乾燥しやすくなってきたなー」ってなればそろそろ美容室行かなきゃ。みたいなね。

パーマの「ゆるくなってきたなー」ってのと同じように、「指どおり悪くなってきたなー」ってなればそろそろ美容室行かなきゃ。

「コーティング」はね、悪いものじゃないんですよ。

どのメニューも「使い方次第」

カットやカラーにも上手い下手が存在するように。

トリートメントもつければいいってワケじゃない。「上手い下手」が存在します。

24人目 / 残り976人

関連記事

https://yoshidataiki.com/2016/11/16/blog-396/

https://yoshidataiki.com/2016/10/09/blog-315/

https://yoshidataiki.com/2016/09/28/blog-292/

吉田太紀公式Twitter

吉田太紀公式フェイスブックページ

吉田太紀公式インスタグラム

AnFye for prco 公式ネットショップ

コメントを残す