話題になってたから乗っかったら熱くなってしまった。






AnFye for prco LINEアカウント

ID anfye

吉田太紀 LINEアカウント

ID 19870305taiki

吉田太紀公式Twitter

吉田太紀公式フェイスブックページ

吉田太紀公式インスタグラム

AnFye for prco 公式ネットショップ





こんにちはー♪

ヘアケア美容師ことAnFye for prco(アンフィフォープルコ)の吉田太紀です♪
https://yoshidataiki.com/2016/05/15/profile/

netgeek
media innovation―バイラルメディアnetgeek(ネットギーク)は面白いニュースを毎日お届けします。

なんか、話題になってますね。

匿名だからか、大分コメントに色んなカキコミあります。

こういう記事って、ぶっちゃけ「当事者しかわからん」よねって思うんです。

カキコミ通り高校生の子の言う通り、
担当の美容師さんが説明しないでかけて技術不足で失敗してるパターン。

担当の美容師さんが説明はしたけど「チリチリになってもかけてほしい」(こういうお客様は少なからずいます)と言われてかけてみたもののやっぱり失敗パターン。
まぁ、いくら説明したとしてもこの仕上がりありえませんが。

残念だけど、画像見る限り髪が切れてしまってガタガタになっているのでここまでいくと「トリートメント」などではどうにもなりません。

とりあえず、「カット」しかないんです。

じゃあ、未然に防ぐにはどうすればよかったか?

コレね、スゴい難しいんです。
先程、書いた「チリチリになってもいいからかけてほしい」という方は、こちらが「お断り」すると多分、別の場所でもう一度同じオーダーするんですよね。

AnFye for prcoにも、「前の美容室で断られたから来た」って方がたまにいらっしゃいますから。

ただ闇雲に「出来ません」じゃお客様も「むっ」てなりますよね。

僕がそういう方に入ったら、どうするかなって考えたら「先ずはチリらせない」事を優先して話を進めます。

髪は、回復することはないのでどんどんダメージを蓄積していきます。

この高校生の子のように一年半前に縮毛矯正かけているのであればかなりドンピシャでダメージの蓄積されているわけです。

その髪に普通毛の行程でパーマかければ、そりゃチリチリになるよね。
だから、「どうしてもかけたいならチリチリにならないゆるめのパーマなら」というかもしれません。
その代わり、持って来た画像のような仕上がりにはなりませんよと伝えた上でもう一度パーマをかけるかを尋ねます。

というか、本音を言っちゃうとここまでになるパーマってどんだけのことをすればなるの?

いくら、チリチリって言ってもここまでなるのってそうとうだよ?

こんな状態になるなら、ロッド巻く前に分かってたよね。

説明があるないとかの次元の話じゃなくて、完全に担当美容師さんの経験不足な気がする。

関連記事

https://yoshidataiki.com/2016/09/22/blog-284/

https://yoshidataiki.com/2016/08/24/blog-210/

https://yoshidataiki.com/2016/06/20/blog-61/

コメントを残す