短くても毎日「ブログ」を書いた恩恵。






AnFye for prco LINE@

友だち追加

吉田太紀 LINE@

友だち追加

AnFye for prcoは「新しい仲間」を探してます。
https://yoshidataiki.com/2016/05/18/recruit/

こんにちはー♪

ヘアケア美容師ことAnFye for prco(アンフィフォープルコ)の吉田太紀です♪
https://yoshidataiki.com/2016/05/15/profile/

『1000人をツヤ髪にヘアケア美容師の挑戦』





AnFye for prcoはスタッフ全員、週休2日です。

毎週、月曜日は定休日なのでそれ以外のお日にちはシスト制。

今日は、僕のおやすみ。

お昼頃にお店に言って、友人の髪を切ってそのままランチへ。

で、また店に戻ってシステム作り。

とまぁ、普通に書くと「日記」なワケです。

起きたコトだけだと「日記」

去年までは、こうやって書いていても「毎日続けるコトが大事」と思いながら書いていたワケですが、、

全然、読まれませんww

もし、コレが集客や読まれるコトを意識したものであるならば「意味はない」です。

だって、ダレが有名人でもない美容師の日常を見たいんでしょうか?

いないですよねww

でもね、「日記」でもまったく意味がないわけではないんです。

だって、毎日続けるってコトは「日記」でもタイヘンなコトだし、なかなかできるコトじゃないんです。

それをやってのけたのに何もないって言うのは流石に虚しいですよね。

「日記」を続けて得られたもの

僕が思う「日記」でも続けた人がもらえる「結果」って。

日々何もないコトを「膨らませるコト」が出来るようになったコトかもしれません。

「オモシロく」は出来ていると思えないので、とりあえず「日常を膨らませて書く事」の出来る能力は毎日、300〜500文字くらい書いていれば一年くらいで手に入れるコトが出来るようです。

あとは、「知識」でしょうか?

コレでも、毎日書いているブログですからイロイロと準備が必要なんです。

そんなに毎日、人様に話すような日常を過ごしているワケではないですから。

ヒルズ族でもモデルでもありません。

「ただの一般人」

パンピーです。

そんな状態で毎日書こうと思うなら、いろんな方のブログを読んだり、ネタを見つけたらGoogle先生に教えてもらったりしながら書きます。

そうすれば、当然「流行ってるもの」から「コア」な話まで詳しいとまではいきませんが、ひととおりなぞるくらいは分かってきます。

僕は、短い文章で毎日書いてみた恩恵はコレくらいww

皆さんはコレが多いと感じたか、少ないと感じたか分かりませんが。

僕は、この恩恵は「妥当」だと思います。

しかも、続けてよかったとも思っています。

それは、「次の課題が明確」になったからです。





「無知」はダメ

「無知」ってなんにも分からないんですよ。

AnFye for prcoを出すとき「無知」のまま出店しようとしたせいで、右も左も分からないまま色んな人に教えをこいながらやったんですが、
世の中いい人ばかりではないですから。

ダマされるまではいかないけど、「損」はしたと思っています。

でも、それは僕がいけないなと。

「無知」ってそれだけ良くないコトなんだと教えてもらいました。

「文章」を膨らませるって?

そして、「文章を膨らませるコト」が出来るようになったお陰で、

「書くコトない」って思わなくなりました。

ブログのひと記事の理想の文字数って2000〜3000文字らしいんですが。(人によって差があります。)

原稿用紙が400文字ですから、毎日原稿用紙5〜8枚書くコトになります。

それを、何もなくても苦なく書いていけるようになったんですから、それだけでも「財産」かなと。

その日によって「調子」はありますけどね。

1800文字くらいで止まっちゃって時間かかる時もありますし、逆に3000文字書いてもまだ書きたいコトある時もあります。

でも、それって何かネタがあった、ない関係なくて。

「気持ちの問題」

外に出ていると全然になっちゃう。

なので、定休日とか個人の休みの時はけっこう振り絞ってる感ありますww

でも、ネタなんて探さなくて良くなったのはホントにありがたい。

忙しくしていてスマホを全くいじれなかった時でも、一日中寝てしまった時でもスラスラ書けますから。

美容師は「総合職」






何屋になりたいんだよって思われるかもしれませんが、「美容師」は髪切るだけじゃないんですよ。

・お客様を施術する「技術職」

・お客様を接客する「接客業」

・お客様をお店に呼ぶ「営業職」

・お客様にあった美容品を売る「販売業」

普通のスタイリストでも最低これぐらいはあります。

で、もっと経験を積んでいけば、

「マーケティング」や「教育」などなど、、
やらなければいけないコトはどんどん増えていくんです。

いや!!オレは技術職として美容師をやるんだ!!ってマンツーマンのお店出しても結局、仕事の種類はもっと増えます。

その上で、逆に「美容師」をやっていて世の中に必要のないものの方が少ないと思うんです。

ヒト対ヒトのシゴトは、色んな能力を持っていたほうがいい。

持論です。





関連記事

https://yoshidataiki.com/2017/02/01/blog-508/

https://yoshidataiki.com/2017/01/30/blog-506/

https://yoshidataiki.com/2017/01/27/blog-502/

吉田太紀公式Twitter

吉田太紀公式フェイスブックページ

吉田太紀公式インスタグラム

AnFye for prco 公式ネットショップ

コメントを残す